撮影スタッフ紹介

 

 

フォトグラファー 鹿島 秀憲

 

常陸大宮市山方生まれ

 

大学まで野球に打ち込み

法政大学在学中に映画学校入学

 

撮影所で当時日本映画撮影監督協会名誉会長の高村倉太郎氏に撮影技術を学び 

映画の撮影助手・照明助手を経て、映像制作会社KINOXに入社

 

その後、写真家・平地勲氏に師事

 

フリー転身後は主に

劇場映画・ビデオ映画・ドキュメント・文化教育映画・企業CM・TV番組・教育ビデオなど映像全般、

グラビア・雑誌・映画・DVD作品などの写真撮影業務を行なう

 

2ピース   (ツーピース)

   

映画制作、テレビ局の番組制作に携わる

スタジオピースでは主に企画構成や映像編集を担当

フェイシャルエステティシャンの資格を持つ

 




 

映画・テレビ・出版の世界で、

いくつもの作品や番組制作に携わってきて、ふと感じたこと。
それは――――

―――「人生の数だけドラマがある」 ――――……

誰もが主役、誰もがたった一つの物語の中で生きている―――。

 

そのたったひとつの人生のPIECEを残すお手伝いがしたい、と
スタジオピースはスタートしました。

共に感動を分かち合いながら、
お客様の一生の思い出になる瞬間を心をこめて撮影いたします。
少数スタッフですが、
プロの世界で培ってきた技術で、多くの方に喜んでいただけるよう、

全力を尽くします。

どうぞこれからも「スタジオピース@ツルヤ」をよろしくお願いいたします。